身体拘束廃止に関する宣言

ホーム > 身体拘束廃止に関する宣言

身体拘束廃止に関する宣言

身体拘束0の実現に向けて

 身体拘束は、利用者様の生活の自由を制限するものであり、
利用者様の尊厳を侵すものです。
 私たちは、利用者様の尊厳と自己決定を最大限尊重し、
身体拘束がもたらす弊害を職員全員が認識し、利用者様一人ひとりが
豊かで安心、安全、快適な生活とは何なのかを討議、検証するなかで、
介護計画に基づく身体拘束に至らない質の高い介護の実現に向け、
身体拘束廃止委員会を中心として、全職員一丸となって取り組んで参ります。

平成20年 4月 1日
株式会社ピアーズ
代表取締役  美土路 正太郎